読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捨てられないと思っていたモノを手放す事が出来たのは…

引っ越したまま、とりあえず収納されていたクローゼットの衣類をやっと片付け始めました^ ^;

 

自分軸と時間軸にのっとって。

以前から私のモノは徐々に減らしていたのでかなり少なくなりました。

ただ、旦那さんのモノは勝手に捨てられないのでキレイに収納仕直しました。

ウォークインクローゼットのだいたい半分を旦那さんのモノが占めます。

残りの半分が私と子供たちで埋まる感じでしょうか。

私と比べれば量が多いのは一目瞭然なので何か感じとってくれれば良いのですが( 旦那さんは捨てられないタイプです^ ^ )…。

 

収納を見直しても、いつも捨てられないモノがありました。

全く使ってない過去の産物です。

こちら。

 

f:id:i_____to:20160701120020j:image

私が高校生の頃に授業で作ったスウェーデン刺繍のタペストリーみたいなモノ。

シングルベッドの丈が短めぐらいのサイズです。

結構、イヤ…かなり大変だった記憶と作り上げた達成感ともう2度と作れないだろうという希少価値^ ^みたいなモノが入り混じり手放す事が出来ませんでした。

 

でも、もう飾る事もないしたまに見かけて頑張ったな〜〜って思うぐらい。

なんの為にとってあるのか???

自己満足の為、誰かに凄いねって褒めてもらいたいとか?

確かに色合いも自分で考えただけあって好きですが、飾りたいほどじゃない。

なんだか持っている事が無意味に思えて来ました。

 

畳んで置けば場所もとらないし、記念に取っておけば?とか思う事が普通なのかもしれない。

でも、私は前に進みたいし、やりたいことが沢山あるから捨てる事にしました。

そう思えたのもこの前読んだやましたひでこさんの「 モノの捨て方 」のアイテム別捨て方レッスン、思い出の品と過去の栄光アイテムを読んだから。

今を生きてる人ってたぶん本当にシンプルなんだと思う。

 

 

さて私の思い出の品が入っているMUJIの収納ケースの中身をどのくらい減らす事ができるのでしょうか??